訪問国や住候補のまとめ

訪問国のまとめ

私が訪問したことがある国の情報の概要等を簡単にまとめるページであり、随時更新していく備忘録の様なものです。基本的に各国にはベストシーズンに行くため、その際のファーストインプレッションや今後住む候補等を記載していきます。

私と同様の価値観や体質(寒さに弱い)を持つ方には、参考になるかもしれません。

1. 行ったことがある国のマッピング


Create Your Own Visited Countries Map

基本的に東南アジアはほぼ制覇していますが、アフリカや南米には全く行っていません。
両大陸に行くのは短くとも再来年以降となりそうです。

また、暮らすような旅を続け、将来、中長期的に住むための場所探しを目的ともしているため、海外滞在日数の多さにしては、行ったことがある国は明らかに少ないでしょう。今後、何年かノマド生活を続けていくうちに、恐らく100~120か国程度には達するのではないかと思っています。

2. 行ったことがある国・都市の簡単な印象

各国の都市に関して、何も考えずに印象を述べるとしたらどうなるかという表です。
つまり完璧に主観的な表ですが、その国に行って得られる主観は、今後その国とどう接していくか決定する上で、大変重要な要素だと考えています。

大陸都市簡単な印象
アジアインドネシアジャカルタ思った以上の都会。バイクの多さは定番。
ジョグジャカルタジャカルタより住みやすい。ボロブドゥール。
バリ島サーフィン最高。波がいい。
韓国ソウル反日など微塵も感じられなかった。良い人々。
カンボジアシェムリアップアンコールワットは必見。
プノンペン交通量が激しい。王宮が見どころ。
シンガポールシンガポール蒸し暑く、宿代が高い。飯は割と安い。
タイバンコク何でもあり、人々はとても優しい。暑い。
パタヤ海があるがあまり綺麗ではない。
チェンマイ程よく整備された街で、暮らしやすい。
チェンライ涼しく過ごしやすい。果物も安く美味しい。
台湾台北常に雨が降っているイメージ。何でもある。
台中湿度が低く過ごしやすい。バスが無料。
台南食の宝庫。台中同様湿度も低い。
高雄都会で台北よりも日本っぽい。図書館綺麗。
中国北京天安門がある。近代的な都市ではない。
上海都市部分とそうでない部分の差が激しい。
成都大変綺麗に整備された街。麻婆豆腐発祥。
深圳香港からすぐの街。ITが強い。
日本全国わが祖国。冬が寒い。
フィリピンマニラ治安があまり良くない。マカティは別。
セブカフェや食べ物屋が充実していて海も近い。
ドゥマゲッティアポ島等のダイビングスポットに近い。
ブルネイバンダルスリブガワンシンガポールが小さくなったような街。
ベトナムホーチミン食べ物がおいしい。交通量が激しい。
香港香港ラーメンがおいしい。物価は割と高い。
マカオマカオポルトガルみたい。パンがおいしい。
マレーシアクアラルンプール何でもあり、物価も安い。湿度が高い。
ペナン島日影が少なく暑い。要塞がある。
マラッカ鳥のだしで煮た飯が旨い。オランダっぽい。
コタキナバル海が近く、山も近い。コンパクトシティ。
センポルナダイビングの聖地のひとつ。中国人が多い。
ラブアン島タックスヘイブン。ビールが安い。
ヨーロッパイギリスロンドン思ったより飯が不味くなく、曇ってもいない。
イタリアローマ見どころが多い。ジェラートが安くて旨い。
ミラノすっきりとした街。大聖堂が印象的。
フィレンチェ花舞う街。心なしか、香りが良い通りも。
ヴェネツィア船で移動するのが定番。なれると飽きる。
ナポリピッツァが最高。思ったより治安は悪くない。
パレルモ住みやすそうな街。綺麗な街並み。
シラクサメドゥーサ。レモン。
エストニアタリンとても綺麗な街並み。そこまでITっぽくない。
タルトゥタリンより温暖で過ごしやすい。物価も安い。
スペインマドリード生ハムサンドイッチ1ユーロ。プラド美術館。
バルセロナガウディ。温暖な気候でスポーツが盛ん。
トレド迷路の様なお城。
グラナダアルハンブラ宮殿。
セビーリャアルカサル。
コルドバメスキート。
チェコプラハ何でもある。石畳が特徴的。
カルロヴィバリ温泉街。入る温泉ではなく飲む温泉が主流。
チェスキークロムロフ世界一美しい街の評判は伊達じゃない。
バチカン市国バチカンバチカン美術館は必見。行くしかない。
フィンランドヘルシンキ物価は高いがブルーベリーは安い。
ポルトガルリスボンジェロニモス修道院。エッグタルト発祥。
ポーランドワルシャワ思った以上に栄えた街。親日の人が多い。
クラクフ古都。物価がとても安く過ごしやすい。
マルタバレッタマルタ十字騎士団。人種のるつぼ。
ラトビアリガお洒落で見どころがまとまっている街。
リトアニアヴィリニュス新旧の良さが融合した街。過ごしやすい。
カウナス通りが広く、開放感がある街。杉原千畝。
シャウレイ十字架の丘。
北アメリカアメリカロサンゼルス乾燥している街。ハンバーガーが主食。
サンディエゴメキシカンなアメリカ。思ったより都会。
ラスベガス暑い。カジノに行けば駐車代は無料。
ハワイホノルル海の楽しさを知った場所。
メキシコティファナ国境の町。国境付近のタコスは微妙。
オセアニアオーストラリアケアンズ田舎だが物価は高い。グレートバリアリーフ。
グアムグアムナマコがたくさん。
中東アラブ首長国連邦アブダビザイードの白モスクは必見。
ドバイブルジュハリファ。特にすることがない。
カタールドーハ暑すぎ。綺麗な街並み。

 

3. 住む場所を決定する要素と私の住候補

海外で生活するに当たって、私が最も重要だと思っているのは以下の3点です。

  • 食べ物に関して満足であること
    ・その国の食文化が自分に適している。
    ・基本的にお店がフレンドリーで入りやすい。
    ・必要に応じて日本食が手に入りやすい。
  • 気候に関して満足であること
    ・自分に適した気候がある(私にとっては、寒くなく乾燥しすぎていないこと)。
    ・黄砂等の空気汚染にさらされていない。
    ・気候に対応できる街づくりがなされている。
  • 安全性に関して満足であること
    ・テロ等の発生がない、またはその可能性が著しく低い。
    ・ウィルスや危険な動物類等がない、またはその可能性が著しく低い。
    ・交通状況が整備されている。

上記を満たせば、どこの都市でも基本的に生活する事ができます。
後は、これらの条件を満たす中で、自分に最も適した街を見つけられれば、
第2、第3の故郷を見つけることも容易となる事でしょう。

私の場合、現時点では月別に以下の国の都市が長期滞在候補となっています。

国(都市)理由
1月・台湾(台中、台南、高雄)
・タイ(バンコク、チェンマイ、チェンライ)
◆台湾の各都市の過ごしやすいシーズンであり、降水量も20mm以下と快適に生活が送れる。食事が美味しく日本とほぼ変わらない生活ができる。
◆タイの各都市の過ごしやすいシーズンであり、比較的涼しく過ごしやすい。食事にバリエーションがあり、マッサージも300円程度からできる。
2月・台湾(台中、台南、高雄)
・タイ(バンコク、チェンマイ、チェンライ)
◆同上
3月・台湾(台中、台南、高雄)
・タイ(バンコク、チェンマイ、チェンライ)
◆同上
4月・日本(東京、その他温暖な都市)◆日本の過ごしやすいシーズンであり、桜も見どころがある。航空券代も比較的安く帰省しやすい。
5月・日本(東京、その他温暖な都市)
・韓国(ソウル)
・インドネシア(バリ島)
◆日本に関してはほぼ同上
◆韓国も日本と同様過ごしやすいシーズンであり、4月より温暖になる。食べ物は美味しく、日本と同様の生活を送れる。
◆バリ島のベストシーズンであり、サーフィンも可能。物価が安く、マッサージも安く、基本的に生活で困ることは無い。
6月・インドネシア(バリ島)
・スペイン(バルセロナ)
・ポルトガル(リスボン)
・エストニア(タリン、タルトゥ)
・ラトビア(リガ)
・リトアニア(ヴィリニュス)
・ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)
◆バリ島については同上
◆バルセロナのベストシーズンであり、ヨーロッパの中でも温暖な方。若干物価は高いが、品質の高いスペイン料理を堪能できる。
◆ポルトガルのベストシーズンであり、西ヨーロッパの中でも温暖で物価が安い。
◆エストニアのベストシーズンで日照時間が21時以降まである。涼しい気候で過ごしやすく、そのバルト三国と比較すると物価は高いが、生活面に不便はない。
◆ラトビアのベストシーズンで日照時間が21時以降まである。涼しい気候で過ごしやすく、物価も安い。コンパクトシティで効率的な生活ができる。
◆リトアニアのベストシーズンで日照時間が21時以降まである。涼しい気候で過ごしやすく、物価はバルト三国で一番安い。ビールも70円くらいで手に入る。
◆ポーランドのベストシーズンであり、新日家が大変多い。特にクラクフは物価が安く、ジェラートが100円程度で購入可能。宿代も安い場所が多く、大変生活しやすい。
7月・日本(北海道)
・インドネシア(バリ島)
・スペイン(バルセロナ)
・ポルトガル(リスボン)
・エストニア(タリン、タルトゥ)
・ラトビア(リガ)
・リトアニア(ヴィリニュス)
・ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)
◆日本(北海道)以外は同上。
◆北海道のベストシーズンであり、涼しく過ごしやすい。観光客が多いシーズンでもあるが、時間帯等を外せば問題なく食等を楽しめる。ラーメンや海鮮類がとても美味しいのもポイントが高い。
8月・日本(北海道)
・インドネシア(バリ島)
・スペイン(バルセロナ)
・ポルトガル(リスボン)
・エストニア(タリン、タルトゥ)
・ラトビア(リガ)
・リトアニア(ヴィリニュス)
・ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)
◆同上
9月・日本(北海道)
・韓国(ソウル)
・インドネシア(バリ島)
・スペイン(バルセロナ)
・ポルトガル(リスボン)
◆韓国(ソウル)以外に関しては同上
◆ソウルは日本よりも涼しいため、東京と比較して9月は過ごしやすい。
10月・日本(東京、その他温暖な都市)
・インドネシア(バリ島)
◆日本以外については同上
◆日本のベストシーズンであり、秋の涼しさを感じることができ、大変過ごしやすい。ナス等の食べ物もおいしい時期であり、世界的に見てもここで帰省しないのはもったいない。
11月・日本(東京、その他温暖な都市)
・台湾(台中、台南、高雄)
・タイ(バンコク、チェンマイ、チェンライ)
◆日本に関しては同上
◆台湾の各都市の過ごしやすいシーズンであり、降水量も20mm以下と快適に生活が送れる。食事が美味しく日本とほぼ変わらない生活ができる。
◆タイの各都市の過ごしやすいシーズンであり、比較的涼しく過ごしやすい。食事にバリエーションがあり、マッサージも300円程度からできる。
12月・台湾(台中、台南、高雄)
・タイ(バンコク、チェンマイ、チェンライ)
◆同上

4. 終わりに

日本と同レベル、また、時期によってはそれ以上に良い環境で過ごせることは、ノマドとしてはもちろん、定年や早期退職をしてセカンドライフを迎える方にとっても、有意義だと思います。

日本は素晴らしい国ですが、少子高齢化や一部産業の衰退等も相まって、将来性が完璧に約束されているとは言い難い状況にあるでしょう。

「私は日本に忠誠を誓っているから死ぬときも日本と一緒だ!」という方は別ですが、それ以外の方については、日本以外にも色々と豊かに生活できる選択肢があることを、このブログを通して少しでも知っていただければ幸いです。

 

コメント