暗号通貨の最新情報が集まる「Bitcointalk」の歴史

Bitcointalk

この投稿ではBitcointalkの発端から、Ethereum、Litecoin、Silk Road等、暗号通貨界隈を巡る重要なキーワードがどの様に生まれたのかを紹介していきます。また、情報の最初の発信者は基本的に重要人物である事が多いため、その方のBitcointalkアカウントがまだ存在している場合はリンクを掲載しておきました。

Bitcointalkの歴史は調べれば調べるほどドラマティックで興味につきません。皆さんもこの投稿でその一端を少しでも感じ取っていただければ幸いです。

Bitcointalkの発端(2009年11月22日)

Satoshi Nakamotoが過去の掲示板(もう存在しない)から現在の掲示板(BItcointalk)にBitcoinの情報を共有し議論する場を移しました。以下のスレがSatoshiが現在の掲示板上に最初に投稿したものです。なお、Satoshiは残念ながら2010年12月13日以降ログインしていないようです。

Welcome to the new Bitcoin forum!
Welcome to the new Bitcoin forum!
https://bitcointalk.org/index.php?action=profile%3Bu%3D3

Bitcoinの最初の交換所(2010月1月15日)

dwdollarがBitcointalkの最初の交換所のアナウンスを行いました。実際に使われたかは定かではありませんが、現在は機能が停止しているようです。なお、こちらのユーザーは未だBitcointalkで活動しています。

New exchange (Bitcoin Market)
New exchange (Bitcoin Market)
https://bitcointalk.org/index.php?action=profile%3Bu%3D24

Bitcoinを使用した世界初の現実世界での取引(2010月5月22日)


laszloが10,000BTCとピザ2枚(25ドル)を交換しました。この話は既にあまりにも有名ですが、実は購入した3か月後には10,000BTCは600ドルまで価値を上げていたようです。当時からいかに暗号通貨の価格変動が大きかったか伺えますね。なお、こちらのユーザーは2017年11月までアクティブだったため、現在も何かしら暗号通貨界隈には関連しているものと思われます。

Pizza for bitcoins?
Pizza for bitcoins?
https://bitcointalk.org/index.php?action=profile%3Bu%3D143

違法マーケット「Silk Road」のアナウンス(2011月3月1日)

違法マーケットプレイスのSilk Roadのアナウンスが行われ、数多くの銃器や薬物がこのマーケットプレイスを通して取引されました。2013年10月に創設者の Ross William Ulbrichtは逮捕されましたが、このサイトを皮切りにダークマーケットでの暗号通貨使用が盛んになったと言われています。正にビットコインの匿名性につきものの黒歴史と言えるでしょう。なお、創設者のアカウントはアクティブではありませんが、まだ残ったままです。

Silk Road: anonymous marketplace. Feedback requested 🙂
Silk Road: anonymous marketplace. Feedback requested 🙂
https://bitcointalk.org/index.php?action=profile%3Bu%3D5341

Litecoinの初アナウンス(2011年10月9日)

Charlie Lee(アカウント名はcoblee)によりLitecoinのアナウンスがされました。「ビットコインが金だとしたらライトコインは銀である」という言葉は有名ですが、以下のスレにその旨が記載されています。個人的には、Charlieのアカウントの画像がチョコボなのには驚きました笑。彼の最終ログインは2018年5月のため、もしかしたらまたふと現れるかもしれませんね。

[ANN] Litecoin - a lite version of Bitcoin. Launched!
Litecoin - a lite version of Bitcoin. Launched!
https://bitcointalk.org/index.php?action=profile%3Bu%3D20651

Rippleの有用性が初めて議論される(2011年10月9日)

今でこそ即時送金で暗号通貨界隈では大変有名となっているRippleですが、その議論がBitcointalk上で最初になされたのは2011年だったようです。当時のスレからは、その有用性については各メンバーから称賛されていた様子。スレを立てたのは開発者のRyan Fuggerとは違う方だとは思われますが、極めて早い段階で着目されていたと言えるでしょう。

[IDEA] - Ripple-like system for Bitcoin investment / p2p insurance / p2p lending
- Ripple-like system for Bitcoin investment / p2p insurance / p2p lending
View the profile of ripper234
View the profile of ripper234

「 Bitcoin and me (Hal Finney)」(2013年3月19日)

Hal FinneyはBitcoinが生まれてから初めてコインを受け取った方で(Satoshiが2009年にテストとして10コインを送付)、Bitcoin最初期のメンバーとしても大変重要かつ有名です。2014年に既に亡くなられてしまいましたが、この投稿の中ではビットコインを通した素晴らしい方々との出会い、Satoshiは日本人だと思った等が綴られており、最後には良い人生だったと締めくくられています。

Bitcoin and me (Hal Finney)
Bitcoin and me (Hal Finney)
View the profile of Hal
View the profile of Hal

BITMAIN社によるAntMiner S1の初アナウンス(2013年11月11日)

世界最大のマイニング企業であるBITMAIN社の初アナウンスがあったのは2013年後半でした。このアナウンスのスレを見てみると、当時はその製品自体に懐疑的であったユーザーもいたようです。当時にBITMAIN社が現在の規模まで成長すると予測できた方は、Bitcoinの価格を予測できた方以上に少ないでしょう。なお、BITMAIN社のアカウントは現在も残っています(ジハン・ウーが直接関わっているかは分かりませんが。。)

Announcement: Bitmain launches AntMiner solution, 0.68 J/GH on chip
Announcement: Bitmain launches AntMiner solution, 0.68 J/GH on chip
View the profile of BITMAIN
View the profile of BITMAIN

「HODL」の由来(2013年12月18日)

最近あまり見かけなくなったような気がしますが、昔から暗号通貨に投資している方にはお決まりの言葉です。この言葉が生まれた背景としては、2013年後半のBitcoin価格の下落時、投稿者のGameKyuubiがウィスキーを飲みながら、自らを「Bad Trader」であるとけなしつつもユニークに当時の現状を語った事が挙げられます(ちなみに彼自身はこのタイプミスの事を承知の上で投稿しています。)。大変な時期だからこそ、何か新しいことを求めて生まれるカルチャーもあるのでしょうね。

I AM HODLING
I AM HODLING
View the profile of GameKyuubi
View the profile of GameKyuubi

Ethereumの初アナウンス(2014年1月23日)

Bitcoinと並び最も有名とも言っていい暗号通貨であるEthereumのアナウンスはVitalikにより2014年の初め頃に行われました。今でこそEthereumの創設期メンバーと名乗る方は数多くいますが、このアナウンス当時のメンバーはVitalikを始めとする開発者3名、非開発者4名の体制でした。Vitalikのアカウントは2016年6月からアクティブではなくなってしまいましたが、300投稿以上してしますので、当時どの様な投稿をしたか気になる方は見てみる価値があるかもしれません。

[ANN] Ethereum: Welcome to the Beginning
Ethereum: Welcome to the Beginning
View the profile of Vitalik Buterin
View the profile of Vitalik Buterin

匿名通貨Moneroの初アナウンス(2014年4月25日)

最も有名な匿名通貨の一つであるMoneroのアナウンススレでは、当時から匿名性を担保するリング署名の方法や技術的背景が分かりやすくなされていました。ちなみに、Announcementスレという各通貨のアナウンススレの中では、閲覧数が400万以上とDashの900万以上に次いで2位となっています。暗号通貨取引における匿名性の需要は大変大きなものなので納得できますね。moneroのアカウント自体は2017年1月から非アクティブのようです。

[XMR] Monero - A secure, private, untraceable cryptocurrency
Monero - A secure, private, untraceable cryptocurrency
View the profile of monero
View the profile of monero

運営者theymosへの死の脅迫文(2014年4月25日)

Satoshi Nakamotoのe-mailアドレスであるsatoshin@gmx.comが何者かに乗っ取られ、これを使ってBitcointalkの運営者であるtheymosに死の脅迫文が送付されたようです。当時から、Bitcointalkに限らず、暗号通貨に関わる重要人物のe-mailアドレスやアカウントのハッキングは相次いでおり、問題となってきました。この様なハッキング被害は2次災害、3次災害を引き起こしかねないため、自らのアカウントのセキュリティ等にも気を付けたいものです。なお、theymosはもちろんBitcointalk上で活動しています(少し対応が遅いのが難点ですが笑)

satoshin@gmx.com is compromised
satoshin@gmx.com is compromised
View the profile of theymos
View the profile of theymos

Bitcoin Cashの初アナウンス(2017年7月22日)

Bitcoinのハードフォークコインとして最も有名なBitcoin Cashのアナウンスすれです。Bitcoinを保有していた方はBitcoin Cashが1対1でエアドロップされたため、得をした方は大変多いでしょう。現状もBitcoin派とBitcoin Cash派の対立は継続していますが、最近少しその傾向が弱まったようにも思われます。なお、投稿者のHost Fatは2010年からのBitcointalkメンバーであるため、Bitcoin Cashのメンバーとも何かしら接点があったのかもしれませんね。

[ANN] Bitcoin Cash - Pro on-chain scaling - Cheaper fees
Bitcoin Cash - Pro on-chain scaling - Cheaper fees
View the profile of HostFat
View the profile of HostFat

Merit制度の導入(2018年1月24日)

2017年度から暗号通貨への参入者が大幅に増えたことがきっかけで、Bitcointalkの利用者もエアドロップ等を目的に急増することとなりました。結果として、Spam的なコメントやエアドロップの際に考慮されるランクを向上させるため、意味のない投稿が増加しまったのです(以前は投稿すれだけで自然とランクが上がった。)。この傾向を是正するため、ランクアップの要件としてMeritという制度が導入されました(この制度の話については後程投稿します。)。

Merit & new rank requirements
Merit & new rank requirements

 

コメント